合宿免許の特徴

自動車運転免許などを取得するには、一般的に自宅から通える通学タイプの教習所で、教習を受けることになります。しかし、最近では主に地方の教習所で、ホテルなどの宿泊施設に泊まり、集中的に教習を受ける合宿免許というものに人気が集まっています。では、この合宿免許は通学タイプの教習所とどのような点に違いがあるのでしょう。

合宿免許の最も大きな特徴として、短期間で格安ということが挙げられます。合宿免許は、一日のほとんどを教習に当てますから、通学タイプのものと比べ教習期間はかなり短くなるのです。期間としては、2週間というカリキュラムを組んでいる教習所が多く、ほとんどの生徒がこの期間内に卒業していきます。

また、教習料金も通学タイプのものと比べると、格段に安く設定されています。もちろん、教習内容は通学タイプのものと同じですので、その点は安心してください。合宿免許は、期間が短いため、生徒の入れ替わり、つまり回転率が高く、立地も地方の郊外であるため、設備投資を低く抑えられ、こうした料金設定ができるのです。また、最近の合宿免許は交通費や宿泊費、食費や延長料金がパックになっているものも多く、そういった点でも人気が高まっている注目の教習スタイルなのです。